渡航前の新型コロナウイルス陰性証明書

当院はTeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)登録医療機関です。

渡航先(シンガポールやベトナムなど)によっては、TeCOT(Testing Center for Overseas Travelers)に登録されている医療機関のみを認める場合があります。またTeCOTを利用した場合デジタル陰性証明書の発行が可能です。ただしデジタル陰性証明書が許可されていない国もありますのでご注意下さい。デジタル陰性証明書の場合、検査後に再度来院する必要がなくなります。詳しくは下記をご参照下さい。
 
経済産業省 TeCOTのホームページ

​<PCRの検査方法について>

  • 基本の検体採取方法は「鼻咽頭ぬぐい液」採取です。

  • 採取方法が指定のなく「唾液」での検査をご希望の場合にはお申し出ください。

  • 1、2歳の小さなお子様や唾液採取が難しい方はスワブ採取に切り替えます。

  • 当院でのPCR検査法はReal Time PCR(RT-PCR)です。(渡航国によっては検査法の指定がある場合がありますが。RT-PCR法はほぼ全ての渡航に対応可能です)

<持ち物>
・パスポート
※証明書にパスポートと同じ表記のローマ字名、パスポート番号を記載しますので、パスポートをご提出いただいております。

<一般的な注意事項>

  • 「唾液」採取の場合、検査30分以内は飲食、歯磨きは検査の精度を担保するため、お控えください。

<海外渡航・証明書発行に際しての注意事項>

  • 証明書のお渡しは翌朝8:30以降になります。お急ぎの場合には特別に対応可能な場合がありますので、ご相談下さい。TeCOT利用のデジタル陰性証明書は当日中に発行致します。

  • 「出国72時間以内の【検査】」、「出国72時間以内に【発行】」、「入国72時間以内の【検査】」など渡航国により条件が異なりますので、あらかじめ渡航先日本国大使館のホームページ等でご確認ください。検査実施日について指定がない場合は、出国3日以内の検査を推奨いたします。

  • 渡航用証明書のお渡し時に記載内容の確認も行っていただきます。代理の方のお受け取りも可能ですが、証明書確認はお願いしております。

<予約について>
お電話もしくはTeCOTでご予約下さい。

<費用について>

​PCR検査 20000円、証明書発行 1000円

​発熱時のPCR検査

発熱等の症状があり、新型コロナウイルスが疑われる場合、保険適応と判断された場合には公費で検査費用が無料となります。また、インフルエンザの流行する時期にはインフルエンザの迅速検査も同時に行う事が予想されます。この場合2回スワブでの採取いたします。来院する場合にはまず電話で連絡し、来院時間をご相談ください。到着した場合には正面玄関、エレベータ横にあるインターフォンで「受付」を呼び出してください。待合室が一般の患者様とは別になります。またしばらく車で待機して頂く場合もあります。あらかじめご了承ください。

 

​国内向けの陰性証明用PCR検査

国内向けに陰性証明用のPCR検査を行っております。「咽頭ぬぐい液」「唾液」「鼻かみ液」「鼻腔ぬぐい液」等の方法があります。費用は上記渡航前の検査と同額です。​ご希望の方はお電話でご予約ください。